脱毛エステの選び方 > 裁量トレード、システムトレードどっちがいい?

裁量トレード、システムトレードどっちがいい?

裁量トレード、システムトレード(クロス系、ブレイクアウト系など、色々なやり方があります)どっちが良いかについてですが、その人それぞれで合っている取引方法は異なる為、どちらとも言えません。

まず、裁量トレードかと言って、裁量トレードはすべての取引を自分が行います。

毎日のニュースなどを見てパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。 まさに、「インテル入ってる」ですよね)上で値動きをチェックし、値がさがったところで購入、値が上がったところで売却など、常にパソコン(アメリカのインテル社のCPUが八割くらいの確率で使われているそうです。 まさに、「インテル入ってる」ですよね)で価格を把握しながら取引を行います。

利点としては、毎日の経済状況をみて、自分で細かな判断をすることができるところかもしれませんよね。

ただし、自分がすべての取引をする為、ほとんどの時間をパソコンと向き合いながら過ごすことになりますね。

次に、システムトレード(トレード手法の一つで、感情を交えず、予め決めたルールに従って機械的に売買を行うことをいいます)とは言っても、システムトレード(クロス系、ブレイクアウト系など、色々なやり方があります)は売買などの取引をすべてコンピューターにまかせて行う取引方法を指します。

取引をする前にシステム上で初期設定を行い、どのような場合に購入し、どういう場合に売却するのかを細かく決めておきます。

但し、初期設定を少しでも間違えると大損になりかねない他、毎日の経済状況を反映させることができませんので、初期設定ですべてが決まるといって過言ではないものです。

裁量トレードとシステムトレード(シストレとも略され、非裁量トレードのことです)のどっちが良いかに関しては、投資を行う人の性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)や生活リズム(朝型の方が健康にいいですね)等によっても変わってきますし、一概には言えません